第二新卒としての就活

第二新卒とは、学校を卒業したあと、一旦就職しても2、3年のうちに転職を志すことです。第二新卒として就活を行う理由には、キャリアアップや人間関係の悩み、やりたい仕事が見つかったからなどがあります。また、仕事内容が案内されていた業務内容でないことから転職を考える人も増えています。中途採用者ほど即戦力にはなりませんが、新人研修等は以前の勤務先で受けているため、社会人での基礎を身につけていたり、若いため特定の企業文化の影響を受けていないことなどから採用されます。反面、選考の倍率は高くなっており、また、すぐに退職していることから精神的未成熟な人材の可能性を否定できないとみなされ、前職の離職理由について問われることが多いです。そのため、新卒者と同等以上の能力が高かったり、ストレス耐性があるかどうかを判断されます。


第二新卒としての就活

第二新卒とは、大学卒業後一旦就職するが、短期間2?3年の内に退職し新たに転職活動を行う若者のことを指して、そう呼ばれています。2?3年の内に退職する理由としては、就職先が思っていた場所とは異なっていたこと等あることでしょう。2?3年という短期間で離職しているにも関わらず、新たに就職活動を開始することで世間一般では積極的な若者であると位置づけられていることから、第二新卒として求められる人材の需要も増加してきております。しかしながら、新卒者と違い転職先に求めるものは大きくなるはずです。前職で失敗している訳ですから、いかに自分に合った企業を見つけるかが鍵となるのではないでしょうか。そのためには、転職支援サイトからの情報収集等でサポートを受ける必要も出てくる事でしょう。より自分に合った企業を見つけるために工夫して就活することがポイントになるのではないでしょか。


第二新卒の就活開始は早めに

第二就活という言葉が一般的になってきました。要するに、新卒ではなく卒業し、他者に勤めてから数年で転職を志すということです。就活の際に見られるのは、「すぐに他者を辞めた」ことを打ち消せるような「入社意欲」と「御社でなければならない」という点です。新卒と異なり、一度は他社を辞めたわけですから、そこには筋道を立てる必要があります。また、第二新卒を採る企業が求めているのは新卒よりも最低限のマナーを心得ているという点です。挨拶、名刺の渡し方、書類の管理。それぞれ企業によってルールはありますが、それでも最低限のマナーはありますから、そこは身につけているようアピールしたいところです。そして、忘れてはならないのは比較対象が新卒になるということです。3040代と違い、十分な経験はありません。ですから、若さと、やる気、勢いの求められる新卒と比べてもらわなければなりません。そのためには、「若い」と思ってもらえる、出来るだけ早い時期に面接に挑む必要があります。