• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪でおしゃれにリノベーションしたところに住む

大阪でおしゃれなところに住みたい人は多いでしょう。多くの物件は、建てられてからしばらくの年数が経っているのですが、リノベーションされ最新のシステムなどが導入され住み心地の良い環境となっています。また、内装の見た目も美しいものが多く、壁紙やドアのデザインもおしゃれです。
高齢者が住みやすいように、バリアフリーになっているところもあります。現在は特に体に不自由がなくても、将来的にストレスなく生活できるような工夫がなされています。省エネタイプの住居になっていることもあり、その場合は光熱費を抑えることもできます。

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションという言葉を良く聞くようになりましたが、リフォームとどのように違うのでしょうか。どちらとも古くなった住まいに手を加えることには違いはなく、また特に国で定められた規定などはありません。
しかし一般社団法人リノベーション協議会によると明らかな定義を記しています。リフォームを原状回復のための修繕、営繕、不具合箇所への部分的な対処とする一方、リノベーションは機能、価値の再生ための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修としています。
つまり、リフォームとは最初にあった状態が故障などしてしまいそれを修復して元に戻すということになり、リノベーションはこれから住む人のために作り替えるということです。

リノベーションのメリット

リノベーションは住まいに生活を合わせるのではなく、生活スタイルに住居を合わせて変更することができます。キッチンであれば対面式にしたり、L字型に変更したりできます。お風呂場にこだわりを求めることもでき、ジャグジーを取り付けたり、ミストサウナにすることも簡単にできます。
高齢者を考えた場合暖房を付けたり、家族が多いのならば乾燥機も付けられます。更には大きく間取りを変更することさえ出来できます。以前は小さく部屋を区切るタイプの間取りが多かったのですが、今はLDKタイプの広いリビングに人気があります。柱などの構造上の問題がない限り、二つの部屋を一つにしてしまうこともできます。
リノベーションを行った物件は、気持ちよく過ごせるだけでなく希望の立地条件に住める可能性も高くなります。大阪で立地の良い場所はすでにマンションなどが建っていることがあり、新築となると少し不便な場所になりがちです。そのため立地条件のよい物件を探す場合に、新築以外の選択肢も増えます。

負担区分表に基づき公社と入居者の負担が明確で余計な費用が発生しません。 特定優良賃貸住宅とは収入が一定の基準の範囲で、住宅を必要とする方に、家賃の一部を国と大阪府が補助することです。 50年以上の歴史のある公社が所有・管理している住宅は、大阪府内に約20,000戸です。 単身・シェアハウスでも入居可能で、保証人なしも可・法人契約も対応します。 リノベーション住宅でおしゃれに暮らそう|大阪府住宅供給公社

ピックアップ記事

おしゃれなスケルトンリノベーションは大阪でもできる

スケルトンリノベーションという言葉はリノベーション住宅を探しているとよく聞かれますが、どのような方法で行うのかよく分からないという人も多いでしょう。スケルトンは骨格という言う意味で建築の場合は構造のこ...

中古物件をおしゃれに!大阪でリノベーションしよう

家は買った方が良いのか、それとも賃貸で借り続けた方がよいのか、多くのメディアで取り上げられている問題です。賃貸するメリットは住み替えが簡単にできることにあります。さまざまな点から吟味したとしても、実際...