• このエントリーをはてなブックマークに追加

中古物件をおしゃれに!大阪でリノベーションしよう

家は買った方が良いのか、それとも賃貸で借り続けた方がよいのか、多くのメディアで取り上げられている問題です。賃貸するメリットは住み替えが簡単にできることにあります。さまざまな点から吟味したとしても、実際に住んでみると近隣の問題があったり、当初はなかった建物が建てられ日陰となってしまうなど、思いも寄らないトラブルがあることがあります。
また、購入すると少しずつ古くなってしまいますが、常に新しい物件に引っ越すということも可能です。購入するメリットは老後になって、収入がなくなっても住むところがあることや自分の資産となることです。また、自分の好きなようにおしゃれにカスタマイズすることができます。賃貸でもおしゃれにリノベーションしてよいところはありますが、購入すればその自由度は高くなります。

大阪で賃貸と購入どちらがお得?

マンションや団地を購入して50年の住居費用を計算します。仮に月々12万円の返済をするとして、金利1.15%と仮定して一般的ローン返済期間の35年で4,080万円のマンションを購入することができます。さらに駐車場代や管理費が50年でそれぞれ600万円程かかるので合計で5,280万円となります。また修理費用を自分で支払わなければならず、固定資産税も必要になるのでだいだい7,600万円ほどとなります。それに対して賃貸の場合は、永遠に月々12万円支払い続けることになるので、50年間払い続けると7,200万円となります。駐車場代や管理費は購入した場合と同じくそれぞれ600万円必要なので8,400万円となり、賃貸の場合は更新料がかかるので300万円プラスとなり合計で8,700万ほどとなります。ローンを返済してしまえばコストはさほどかからなくなるため、約42年ほどで賃貸の合計の金額がマンションを購入した場合のコストを超えてしまいます。つまり40年以上住むなら購入した方が得となります。

中古マンション、団地物件なら更にお得

東京ほどではないものの、大阪の中心となるとマンションを購入するにはかなりの金額がかかります。人気のある駅やまた駅チカ物件の場合、すでにマンションが建っている可能性が高いです。しかし中古マンションならもう少し安価に購入することができ、人気の地域でも住める可能性が広がります。一軒家と違いマンションや団地は鉄筋コンクリートなどで作られていることが多いため築年数が経っていても十分に住むことができます。すでにリノベーションされた状態で販売している場合は、自分が住んだときのライフスタイルを想像することができます。自分の好きなタイプに行われたリノベーション物件を探せばよいので見つかりやすいです。リノベーションにはさまざまな方法があり、たくさんの場所に手が加えられていると高額になっていますが、最低限の場所が綺麗になっていれば良いなど、妥協できるのであれば予算に合わせて選ぶことができます。新しく建てられたばかりのマンションと比べると購入費用を抑えることができます。

ピックアップ記事

おしゃれなスケルトンリノベーションは大阪でもできる

スケルトンリノベーションという言葉はリノベーション住宅を探しているとよく聞かれますが、どのような方法で行うのかよく分からないという人も多いでしょう。スケルトンは骨格という言う意味で建築の場合は構造のこ...

中古物件をおしゃれに!大阪でリノベーションしよう

家は買った方が良いのか、それとも賃貸で借り続けた方がよいのか、多くのメディアで取り上げられている問題です。賃貸するメリットは住み替えが簡単にできることにあります。さまざまな点から吟味したとしても、実際...